-
ACLSプロバイダーコース


このコースは、AHA[アメリカ心臓協会]の国際トレーニングセンターである
日本医療教授システム学会により提供されています。

ACLSプロバイダーコースとは?
AHA-ACLSプロバイダーコースは、成人の「救命の連鎖」の最後の輪である二次救命処置(Advanced Cardiovascular Life Support)の提供者を育成する実践的トレーニングコースです。

二次救命処置に関わるすべての医療スタッフが知っておくべき内容となっています。

DVD教材を使ったレクチャー、ディスカッション、シミュレーショントレーニングからなる2日間のコースでは、すべての蘇生の基本となるAED操作を含めたBLSの再確認、手動式除細動器の使い方、気道管理、VF/Pulseless VT、PEA/Asystole、安定な頻脈、不安定な頻脈、徐脈、脳卒中、急性冠症候群など、心停止と心停止に至る直前状態の評価と対応をAHAガイドライン2015のアルゴリズムに沿って学びます。

AHAガイドライン2015に基づいたACLSプロバイダーコースでは、質の高いCPR(BLS)の重要さと、一丸となって蘇生という目標に向かって活動
するためのチームダイナミクスが強調されており、医療スタッフにとても
有用なコースです。


受講資格
・ 有効期間内のAHA-BLSヘルスケアプロバイダーカードの提示
  (JSISH-ITC以外で所得したものでも問題有りません)
・ AHAガイドライン2015に沿った質の高いBLSが実施できること
  
受講料金
    受講料 新規32,000円
        更新15,000円(期限内のプロバイダーカード提示要)

時間
    約15時間(受講生の人数によります。)